appium-desktopを使って Android の自動操作を行う場合、Capabilities を埋める必要があります。実機でやるときに最初何を書けば動くのかわからなかったので、同じような方のために書いておきます。

Desired Capabilities

入力が必須なのは

  • deviceName
  • platformName

の2つです。

platformName

入力可能なのは

  • iOS
  • Android
  • FirefoxOS

の3種類。

今回は”Android”です。

deviceName

このパラメータに最初騙されました。

deviceName は入力しないと Start Session できません。

が、この deviceName、Android の場合は「なんでもいい」です。”hoge”でも動きます。

appium 公式にも以下のように書かれています。

On Android this capability is currently ignored, though it remains required.

なので、なんでもいいから埋めましょう。

Start Session

appium

上記2つの値を設定し、Start Session すると接続されます。

他にも多数の capability を設定できますが、詳細は公式にかかれているのでこちらを参考にしてください。

Desired Capabilities - Appium

(といいつつ、Appium って公式のドキュメントが難しいんですよね、わかります。)