『ELASTIC LEADERSHIP』読書メモ 第8章

ELASTIC LEADERSHIPという本を読んでいます。

いろんな方から「いい本だ」と聞いたので、超速読や速読ではなく熟読しようと思い、自宅のデスクでメモを取りながら読み進めています。

8章 自己組織化を促進させるためにクリアリングミーティングを行う

自己組織化されたチーム=リーダーから独立して機能するチーム。

自分たちで問題を解決する等、前に進む力を持っている状態のこと。

チームを自己組織化に向かわせる良い方法の一つがクリアリングミーティング

なぜクリアリングミーティングと言うかというと、うまくいっていないことや仕事への悪い感情、共有すべき情報など、チームが知っていること全てをクリアにするから。

→確かにこれは大事。抱え込んだままのメンバーは確実に居るし、共有が悪い結果を招くパターンもそうそう無さそう。

8.1 〜 8.3

実際のミーティング例をもとにした話。

リーダーがメンバーに対してコミットメント言語で話すように促し、またチームが自分たちで問題を挙げ、解決していける状態を作っている。これが出来れば、自己組織化していると言える。

8.4 ミーティングの進行を保つ

個人攻撃などのネガティブなことが起こった場合、一旦メモをしつつすぐには行動を起こさない。メンバーの間で処理できるようにしていく。

ミーティング後にそれぞれのメンバーと1on1ミーティングを行い、今後のミーティングが効果的になるよう指導をする。

ミーティングの衝突は悪いことではない。
→言いたいことを言い合えて、かつ遺恨を残さない空気感を保つのが大事、と理解。そのためには信頼関係の構築が大事で、リーダーは特に信頼されている必要がありそう。

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします