『ELASTIC LEADERSHIP』読書メモ 第5章

ELASTIC LEADERSHIPという本を読んでいます。

いろんな方から「いい本だ」と聞いたので、超速読や速読ではなく熟読しようと思い、自宅のデスクでメモを取りながら読み進めています。

5章 学習することを学ぶ

5.1 谷とは何か

学習の結果、生産性が上がるときには、時間に対して線形に成長するわけではない。実際には階段状に成長する。

→・・・とここまでは、中高の部活のときにも何度も聞いたことがあるし、実感も持っていた。

でも、実際には階段状に成長する前に、一度谷に遭遇する。

→この考え、当時から持っていたかった

5.1.1 赤ん坊という谷

筆者に子どもができ、今まで出来ていたことが全くできなくなった。徐々に生活にも慣れ、今まで出来ていたことを子育てしながらできるようになった。
が、そこで二人目を授かり・・・

という話。

2人しか子どもがいなかった頃のことを振り返ると、次のことを心から言うことができる。2人の子どもの世話なんて、朝飯前のことだ。(中略)今の私たちは、当時とはまったく異なる人間だ。しかし、そんな風に強くなれたのは、私たちがそれぞれの谷に飛び込んできたからだ。

5.2 谷を受け入れる

私が思うに、学習の真の力というのは、次の単純な事実を悟ることだ。谷は最終的には終わって、あなたは新しい知識と共に飛躍することになる。

5.2.1 それが谷だとどうして分かるのか

谷のように見えて、実際には谷ではないこともある。

  • 面目や尊厳、お金や友人を失う可能性があるために、一歩を踏み出すのに勇気がいる。
  • 違和感を感じている。
  • 自分を変えるかもしれないこと、あるいは、自分の世界や仕事、関わる人への理解の仕方を変えそうなことがある(が、これを事前に知るのは難しい)。
  • 新しいスキルを獲得しなくてはならない。

上記のような状況は、谷に直面しているかもしれない。

一方で、恐れがなかったり、特にリスクを感じなかったり、前にやったことがあるようなことの場合は、実は谷ではない。

これらを見分けて、本当の「谷」に入っていくのが成長のためには必要。

5.3 チームを谷に飛び込ませる

宿題という考え方の説明。

チームメンバーに宿題を与え、谷に飛び込ませて成長させる。

5.4 次にやること

コミットメント言語についての話。

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします