『徹底マスター JavaScriptの教科書』を途中までやってみた感想

ギガ盛りブログ飯 というオンラインサロンの「ギガ盛りUnlimited(β版)」にて、SBクリエイティブ様より

徹底マスター JavaScriptの教科書 プログラミングの教養から、言語仕様、開発技法までが正しく身につく

をご提供頂きました。

自分はJavaScriptに触る機会といえば仕事でSeleniumWebDriverを使っているくらいで、WebDriverもJavaから使っているので、直接JavaScriptを使う機会はあまりありません。

でも個人的にElectronとかに興味があるので、まずはJavaScriptについて知りたいなーと思い読んでみました。

本書の説明

まず、本書のPⅴ(5) に、本書でカバーしている範囲が示されていますので引用。

JavaScriptの教科書 書籍の範囲

JavaScriptといってもサーバサイドからIoTまで色々あるうちの、JavaScriptのコア部分と、Webページの機能実装・Webアプリケーションについてが本書の範囲です。

対象読者

プログラミング初めて、という方から、JavaScript経験者だけどもっと知りたい、という方までがターゲットです。
実行方法の説明や「変数って何?」というところから書いてあるので、素人はちゃんと読みつつ、経験者は適宜飛ばして読めばOK.

読者のレベル別の読み方

本書は全部で19の章がありますが、レベル別にオススメの読み方が書かれていました。

プログラミング初心者の方は、1章から7章をまずは読んで「プログラミングの基礎知識」の部分を把握。(途中で出てくるECMAScriptのところはスルーしつつ。)その後8章以降に進めていく、という流れ。

他の言語の経験がある方は、1章2章を読んで、3・4・5・7章に書いてあるプログラミングの教養部分はさらっと。その後6章と8から19章をしっかり読む。

JavaScriptの経験が有る方は、気になるトピックのつまみ読みで。

途中までやった感想

まず私のバックグラウンドとしては、

  • 情報系の大学院卒(ただし成績はいまいち)
  • 独習経験のある言語はC、Java、OCaml、VB、VBAあたり。JavaScriptはほぼ未経験。
  • 第三者検証会社なので普段の業務では開発をしていないものの、Javaで自動テストスクリプトを書くことはそこそこある

といった感じです。

そんな私が、本書を8章くらいまで進めた状態での印象として・・・

「教科書」感が強いので、自分のニーズに合うかどうかよく考えよう

まずはこちらをご覧ください

JavaScriptの教科書 厚み比較

厚み。

参考までに、手元にあったJavaScript本を上に重ねてみました。(※本書の他に2冊も本を持っているのに未経験ってことは、積ん読ということです。上二冊が駄本だったわけじゃないですよ!)

技術書に関しては「厚みがあればよい」というものではありませんが、本書は見た目の通りに内容が充実していて、大学のころに教科書を彷彿とさせます。

個人的には「しろうとでもわかるゆるふわぷろぐらみんぐ」みたいな本より、敷居が高そうな本のほうが好みなので、本書のようなスタイルは好きです。

加えて、出てくるサンプルプログラムも、前半は

  • エラトステネスのふるいで双子素数を求める
  • マンデルブロ集合を描く
  • ハノイの塔

など数学的な内容が多く出てきているので、この辺も教科書的。

なので、「とにかく本のサンプルを丸写しにしてまずはゲームとかカッコイイサイトとか作りたいんだ」という方にとっては、本書は求めているものとは違いそうです。
逆に「学んでる感」とか「基礎部分」を大事にしながら、まずは「JavaScriptってなんぞや?何ができるの?」というところを身に着けていきたいという人にとっては、本書のようなスタイルの本がオススメです。ザ理系な自分は数学っぽいワードには惹かれるので、この辺もさらに好み。数学ガールとか好きな人は向いていそう。

もちろん本書でも、後半に「ブラウザで動くペイントツール」といったサンプルが出てくるので、見た目にわかりやすいものを動かしてみる、という経験もできます。

私もまだ読み(&手を動かし終わって)おらず、今回の記事はあくまでも「途中でのレビュー」という形です。
やり通してみて、またはやっている途中にまた何度か記事書いてみる予定です。

勉強の記録は勉強ログ用のブログ10000hの技術メモに書いていくので、よろしければご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢