動画でプログラミングを学ぶ場合は倍速再生で効率よく行おう

最近Udemyというサイトで動画を見てPythonを学んでいます。

オンラインコース – いつでも、どこでも | Udemy | Udemy

こういった動画でプログラミングを学べるサービスは、PCのブラウザで見られるのはもちろん、スマートフォンに動画をダウンロードしておいて電車の中でも視聴できたりして、とても便利です。

ただ、何時間もある学習コースをそのまま見ているのでは時間がかかってしまうので、私はいつも動画を倍速で再生して学習しています。

動画を倍速再生する

Udemyの画面だと、動画プレイヤーの下の部分に再生速度を設定するところがあります。

Udemy

ここの速度を変更することで、例えば3分の動画を2分で見ることができるようになります。

私は最近1.75倍の速度で再生していますが、試してみる前に心配していた

  • 聞き取りづらいのではないか
  • 言葉が飛んでしまうのではないか
  • 声が高くなるのではないか

といった点は全く問題ありませんでした。

たまにクイズ番組とかで、人が喋っているのを高速再生して高くなってる、というのがありますよね。昔でいうとカセットテープ早送りしているようなあの感じ。

ああいった聞きづらさがあるかと思っていたのですが、そんなことはなく。

再生速度を上げても聞き取りやすいように上手に作られているようです。ありがたい。

(※聞き取りやすさ、システム側はよく作られていますが、動画配信者の声質などによっては再生速度が上がることで聞きづらくなる可能性がゼロではありません。事前にサンプル動画で確認してからの動画コース購入をおすすめします。)

同様の機能はドットインストール – 3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイトなどにもあるので、どのサイトに課金して動画を見るかなど悩んでいる際は参考にしてみてください。

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします