2018年もやります「ソフトウェアテストの小ネタアドベントカレンダー」。ぜひご参加ください。

2017年の12月、「ソフトウェアテストの小ネタアドベントカレンダー」を作成し、沢山の方に参加&閲覧いただきました。

ソフトウェアテストの小ネタ Advent Calendar 2017 – Qiita

なので、今年もソフトウェアテストの小ネタアドベントカレンダーをやりたいと思います。

今年のものがこちらです。

ソフトウェアテストの小ネタ Advent Calendar 2018 – Qiita

目的

ソフトウェアテスト関連のアドベントカレンダーは、数年前から存在しました。

読み応えがある記事がUPされていたり、ソフトウェアテスト界隈で有名な人が記事を書いていたり、読んでいてとてもおもしろくて濃い内容になっています。

その一方、最近ソフトウェアテストを始めた人や、経験はあるものの情報発信に不慣れな人にとってハードルが高いものになっているのでは・・・?と感じました。

なにかボリュームがあってまとまった内容を書かなければいけない、となると、そこで尻込みしていしまう人もいるはず。そういった人に、もっと気軽にアウトプットしてみてほしいと思い、少しハードルが低いニュアンスをもった「小ネタ」についてのアドベントカレンダーを作りました。

このへんのねらいは、去年のアドベントカレンダー完遂後の記事にも書いています。

ソフトウェアテストの小ネタ Advent Calendar 2017完遂。書いて下さった方々ありがとうございました | ひびテク

書くとどうなるの?

アドベントカレンダーに記事を書くメリットとしては、「自分が書いた文章を読んでもらえるいい機会」というのが大きいです。

昨年の「ソフトウェアテストの小ネタアドベントカレンダー」の初日に記事をUPした私の例ですと・・・。

公開した記事がテストでファイルの比較をしたいときにはfcコマンドが手軽 | ひびテクです。Windowsのコマンドをひとつ紹介するという、ほんとうに小ネタ記事です。

この記事が、公開した2017/12/1から2018/11/1までで、約4000回読まれています。公開直後12月から1月まではアクセスの大きな山があり、その後は一旦落ち着いたものの、じわじわと伸び続け、いまでは1日平均20回程度のアクセスです。

アドベントカレンダーをきっかけに書いた小ネタでも、どこかの誰かに読まれて、少しは役にたっている。そう考えるとアウトプットしてみようかなという気に、なりませんか?

まとめ:12月までまだ時間があるので、ぜひ参加を

そんなソフトウェアテストの小ネタアドベントカレンダーですが、まだ空きがあります。ぜひ参加を!

ソフトウェアテストの小ネタ Advent Calendar 2018 – Qiita

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします