RubyMineの年間ライセンスを購入したのでもうちょっとRubyやっていきます

先日、国際フレンドシップ・デーのセールで、JetBrains社製のIDEのラインセンスがかなり安くなっていたので、中途半端に手をつけていたRubyをもう一回やろうと思い、Ruby用のIDE「RubyMine」のライセンスを購入しました。

参考:国際フレンドシップ・デー。世界中のプログラマーへJetBrainsからのプレゼント! | JetBrains ブログ

Rubyの諸々でつまづく

ただちょっと足し算するくらいだったらいいのですが、今回は普段Javaで書いてるSeleniumをRubyでかけるようになろうと思って環境設定から開始しました。

が、いろいろとつまづきました・・・

そもそも以前に手を出したときの残骸が中途半端に残っていて、

  • rbenvとRVMがどっちも入っていて、今動かそうとしているRubyはどっちだ
  • RubyMineはどこのRubyを見に行っているんだ

などなど、休日の午前をまるっと潰しても解決できず・・・。

と、RubyMine以前のところで止まっていたのですが、ようやくターミナルからならbundle install等できるようになったので、少しずつ進めていきます。

正直Javaのほうがスタート簡単では・・・という気持ちが湧き上がってきていますが、負けずにがんばります。

IDEの機能を活かしていきたいので、

Rubymineをインストールしたら最初にやるオススメ設定 – Qiita

など参考にしてみます。

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします