WindowsでJava+SeleniumWebDriverを使ってWebのテスト自動化をしていると、知らないうちにゴミファイルが溜まっていることがあります。

ほっとくと20GBくらいになっていたりするので注意。

Tempフォルダ内にたまるゴミ2種類

Windowsの場合は

C:¥Users¥ユーザ名¥AppData¥Local¥Temp

の中にファイルが溜まっていきます。

溜まっていくのは、主に

  • scoped_dir***_***フォルダ
  • screenshotファイル

あたり。

(書いているコードによっては、上記がなかったり、逆に上記以外のものが残る場合も。ねんのため。

これらを消すためにバッチを作りました。

echo off 
cd %TMP% 
del screenshot*.png 
for /F %%a in ('dir /ad /b /w scoped_dir*') do rmdir /S /q %%a  

これを適当な名前.batで保存して使っていただけるとOKです。(※自己責任でお願いします。)

参考