node.jsのhttp-serverを使って一瞬で簡易Webサーバを起動する

スポンサードリンク



Vue.jsの本を読んでいたら簡単にhttpサーバを動かせるツールが紹介されていて、そんなものあるんだーと思って入れてみたらほんとうに一瞬でした。

http-server

手順はindexzero/http-server: a simple zero-configuration command-line http serverに書いてある通りですが、一応紹介。

前提条件として、npmが入っている必要があります。

インストール

$ npm install http-server -g

これだけ。

使い方

サーバを起動したいディレクトリに移動して、

http-server

をするだけです。

試しに、こないだ作ったvue.jsのアプリケーションが置いてあるディレクトリで実行してみました。

参照:指定した長さの文字列を生成するWebアプリ”sample-text-generator(仮)”を作った | ひびテク

$ http-server
Starting up http-server, serving ./
Available on:
  http://127.0.0.1:8080
  http://172.254.99.29:8080
Hit CTRL-C to stop the server

これで、書いてあるhttp://127.0.0.1:8080にアクセスしてみると

127 0 0 1 8080

ふつうに動きますね・・・。ちょっとしたアプリケーションの確認にはこれで十分そうです。
特に、Vueのデバッグツール(Chrome拡張)はローカルのファイルを直接開いただけだとうまく動かないそうで、このhttp-serverを使ったデバッグが推奨されていました。

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。 ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。 こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。 仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。 趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。 技術評論社から本を出すのが夢