チャンスは他人がくれるもの。そなえよつねに。

若い頃は(今も若いつもりではいますが)、「チャンスを掴む人は能力が高いから自分からガンガン掴めているのだ」と思っていました。

が、5、6年社会人をやってみて、能力の高さも大切ではあるけれど、どうもそれだけではないなと気づきました。

チャンスは他人がくれるもの

社会人になって、いくつか「これは人生に影響のあるレベルのチャンスなのでは?」という場面に遭遇しましたが、自分でゼロから作ったチャンスというのはほとんど、もしくは全く無かったように思います。

じぶんが何かを頑張っていたところに、誰かがやって来て「よかったらこれどう?やってみない?」という形でチャンスをくれたというケースがほとんどだったように思います。

わたしは「20代のうちはとにかく掴んでみる」というポリシーのもと、ほかの誰かがくれたチャンスはとりあえず掴もうとして過ごして来ました。

もちろん、結果的に手を離さざるをえなかったもの、ほかのチャンスを両手で掴んでいたがために見送らざるをえなかったものもたくさんありました。
でも、そうやってとにかく掴んでみた結果、そのうちのいくつかは「伊藤良かったよ!」と言ってもらえましたし、そこから次のチャンスにつながったこともあります。

誰かがくれたチャンスを掴みに行ってみる。うまくつかめれば、また次のチャンスがもらえる。

それの繰り返しなんだなと気づいてからは、だいぶじぶんがアクティブになりましたし、過ごす世界も少しは変わったように思います。

そんなことを、後輩や周りの人がチャンスを掴みに行っている場面をみて、ふと思いました。
20代のうちは、とりあえず掴みに行ってみるといいよ。
自分よりも若者にはそんなアドバイスを送りたいと思います。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。 ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。 こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。 仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。 趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。 技術評論社から本を出すのが夢