『ELASTIC LEADERSHIP』読書メモ 第7章

ELASTIC LEADERSHIPという本を読んでいます。

いろんな方から「いい本だ」と聞いたので、超速読や速読ではなく熟読しようと思い、自宅のデスクでメモを取りながら読み進めています。

7章 メンバーを成長させる

チームが自己組織化するためには、メンバーが自分たちで問題を解決できるように学ばなければいけない。
そのためには、リーダーがメンバーの抱えている問題を解決するのをやめる。=委任する。

7.1 挑戦的課題

メンバーから

  • より速いコンピュータが必要です
  • 顧客とのコミュニケーションが改善されることを望みます

といった要望が上がってきたとき、

「あなたはそれに関して何をするつもりですか?」

と尋ねる。もちろん回答はコミットメント言語でもらう。

7.2 はじめて挑戰したとき私はどうしたか

「それについて何をするつもり?」と聞かれたメンバーはとまどい、迷うかもしれない。もしかしたら怒るかもしれないが、メンバーの成長にとっては大事なこと。

7.3 挑戦的課題を使うとき

  • 日頃、メンバーが問題を持ってきたとき
  • デイリースタンドアップ
  • 1on1ミーティング

7.4 挑戦や成功の欠如を責めない

メンバーが問題解決にあたろうとするとき、リーダーは必ずサポートをしなくてはいけない。

  • 問題に取り組むのに十分な時間を与えること
  • 助けを借りる必要のある人にメンバーが接触する機会を与えること

7.5 宿題

宿題とは新しい技術ではなく新しいスキルを学ぶことだ。

宿題は個人的なコミットメントなので、達成できなかったからといってペナルティは与えないこと。

宿題はフォローする。

7.7 過ちから学べるだけの十分な時間があるか

リーダーは、メンバーが誤った方向に進んでいることに気づいたとき、そこから学ばせるか、間違いを起こす前に止めるかを決断しなければいけない。

後者の例:メンバー「ソースのバージョン管理はしないことにしましょう!」 ← 止めるべき

7.8 メンバーを育てるべきではない状況はあるか?

ない。

在籍が短期間であろうと、どんな状況であろうとメンバーを育てるべき。将来いつ再開することになるかわからない。

メンバーやリーダーシップの品質を妥協してはいけない。

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします