『ELASTIC LEADERSHIP』読書メモ 第6章

ELASTIC LEADERSHIPという本を読んでいます。

いろんな方から「いい本だ」と聞いたので、超速読や速読ではなく熟読しようと思い、自宅のデスクでメモを取りながら読み進めています。

6章 コミットメント言語

コミットメントを言葉で示すとは、誰かと何かを同意し、それをやろうとする(あるいはコミットできない理由を説明する)ということだ。

仕事を、特にチームリーダーとして仕事をする上でどのような「言い方」を引き出すべきか、が書いてある。あいまいな言葉ではなく、いつまでに何をするのかをはっきりさせる。
気をつけないと、今の日本だとパワハラと言われたり、出来もしないことを「できます」と言わせてしまう危険もあるなと思った。

6.1 言質を与えない言い方

  • 「今日中には終えたいです」
  • 「打ち合わせを設けましょう」
  • 「これらの5つのバグをできるだけ早く修正します」

などなど、実現できない余地を残すことばがある。

こういうのを無くしていこう、という話。

自分はよく使ってしまっている・・・

6.2 言質を与える言い方

  • 「今週中までに終わらせます」
  • 「今日、打ち合わせの招待を送ります」
  • 「今週末までにこれら5つのバグを修正します」

ただし、なんでもかんでもこの言い方をすればいいわけではなく、「本当にそれ約束できるの?」という内容もある。

それが制御下にあるかないか。

6.3 それはあなたの制御下にあるか

たとえば5つのバグを今週中に直せると約束しろ、と言われたら、よほど見通しが立っている場合を除いては「そんなことは約束できない」と思うはず。修正の結果デグレがあるかもしれないし、バグの修正は思ったより手間取るのが常。

こういったコミットメントは「完全には制御下にないものへコミットすること」で、避けるべき。

6.4 制御下にあるものにコミットする

メンバーに対しては、メンバーの制御下にあるものだけにコミットを求めなくてはいけない。

6.5 不可能なコミットメントを可能なものに変える

「来週、これらのバグを修正します。」

「来週、少なくとも毎日5時間ずつは、これらのバグ修正に取り組みます。」

約束できないものに対しては、メンバーからの発言でチームにとっての障害が見つかることがある。

例えばマシンスペックが足りないから間に合わない、など。こうした問題は、最初はチームリーダーが解決し、次からはメンバーが自力で対処できるよう導く。

6.6 どうやって取り組みに彼らを乗せるか

コミットメント言語をチームに浸透させるために、

  • チームを集め、その言語を教え、利点を説明する。
  • ミーティングでこの言語の使用を開始する。
  • 必要に応じて言葉遣いのエラーを修正する。

たとえば、ミーティング中にメンバーが不可能なコミットメントを言った場合、「コミット言語を使って言い換えてもらえるかい?」といった修正が必要。
このとき、言葉狩りになるとチームの雰囲気が悪化するので、笑顔を忘れずに。

6.9 「いつになったらやる」ではなく「いつまでにやる」

いつ開始するかのコミットではなく、いつまでにやるかのコミットを求める。

6.10 この言語を使うべき場所

  • デイリースタンドアップ
  • 1on1ミーティング
  • その他、約束がなされる場所

これによって、普段どれだけ不明瞭な言葉が使われているか気づく。

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします