このブログの記事数が300を突破していました

タイトルの通りです。人生で書いたブログ記事のトータルは1000超えているはずですが、このブログに限っていうと300を超えました。

より正確には、このブログを始める前にはてなブログ(Tales of Verifier)で書いていた記事もいくつか移行しているのですが、そのへんは混ぜてカウントしてもバチは当たらないはず、です。

ちなみにもうひとつのブログ(夜間考察報 – カメラと読書、そのとき興味があることすべて)のほうは75記事でした。少ない。

300記事書くためにやったこと

こういったらなんですが、ひたすら書きました。

そして、1週間間が空いても1ヶ月間が空いても、しれっと再開しました。

とにかく止めない。に尽きると思います。

もちろん300記事の中には、たくさん読まれて役にたった記事もありますし、他人の役に立たない自己満足記事もあります。

たまにTwitter等で「ググってたら伊藤さんのブログにたどり着いて解決できたよ!」と報告していただいたり、「見てるブログがまさか社員だとは思わなかった!」と同じ会社の方に言っていただいたりと、嬉しい出来事もあります。そういった、たまのご褒美が欲しくて書いている、という点もあるにはあります。

しかし、やっぱり「なんだかもうたまにブログを書くのが自然になってしまっている」というのが正直なところでして、h2の見出しに「300記事書くためにやったこと」なんてStringを書いておきながら、そのための万人に通用するコツなんかは無いのです。

強いて挙げるとしたら・・・

最初にほんの少しの勇気をもつ

酒の勢いでもなんでもいいので、まず、どんなに自分が駄文だと思っていようとも、書いた文章を公開する1mmの勇気を持つところがスタートだと思います。

それを300回も繰り返せば、公開ボタンを押すのに勇気なんて必要なくなります。

うまくブログが書けないとか、勇気が出ない的な人は、最初はとにかく数を目標にしちゃうのはアリだと思います。内容とか長さとか質じゃなくて、数勝負。

今読んでる本にも「自分が読みたい文章を自分のために書けばええやん」という趣旨のことが書いてあります。納得。

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢