学生時代に遊んでおいてよかった。社会人になっても遊んでいてよかった。

半分釣りタイトルですが、最近特にそう思います。

ここで言う「遊んで」というのは「コンピューターとかウェブで」遊んでおいてよかったなぁという意味です。

遊びでやっていたことが数年経って活きてくることが多々ある

自分は学生時代からずっとコンピュータをおもちゃにあそんで過ごしてきて、たとえば

  • レンタルサーバ借りてWordpress入れてブログを書く
  • Windowsのパソコンに意味もなくUbuntu入れてデュアルブートにする
  • ↑ブートローダーまわりがおかしくなったので、VirtualBoxでUbuntuを入れる
  • ターミナルに無駄にこだわる
  • PCを自作する
  • 数多の言語やフレームワークでTODOアプリをつくる

などなどやってきました。

その結果、やってるときは遊びでも、後から仕事につながることがたくさん出てきました。Wordpressでブログを書き始めて、HTMLを読んだりCSSをちょっとずつ書き換えたりしているときは、まさか自分が将来Webをメインに自動テストのコード書いてるとは思いませんでしたし、仮想マシンにUbuntu入れて「macっぽい見た目にするぜ!」なんてやっている頃には、将来仮想OSにJenkins入れてCIだぜーってやってるなんて想像もしませんでした。(今はちゃんとDocker使いますよ)

コンピュータに慣れ親しんでいる人が少ない気がする

こんなふうに、自分はガチ勢に比べるとだいぶ遅咲きだったものの、大学くらいからコンピュータたのしーと思いながらあれこれ遊んできました。

しかし、周りを見渡してみると「思ったより、コンピュータとかソフトウェアが好きって人が少ないな・・・」という印象を受けます。

これは、社会人になったときもそうでしたし、今でもそう感じます。

何もわかっていない学生時代は、「IT業界で働いている人はみんなコンピュータとかめっちゃ詳しくて、日常的に技術書を読んでブログを書いて、人によっては本を書いて、そして勉強会で登壇しているんだ」と思ってました。ほんとうに。本気で。

ところが実際はそんなことはなくて「仕事だからコンピュータを扱って、プログラムを書いているんだ」「家ではパソコンなんて触らないよ」という、いわばサラリーマンエンジニアが大多数のようです。

このへんが個人的にはとてもさみしいと思っていて、「みんなもっとコンピュータとかソフトウェアとか、遊ぼうよ。後々仕事に役に立つこともあるし。」とたまに言ったりもするのですが、残念ながら「そうやって勉強するほど意識高くないから」という趣旨のリターンが来て片付けられてしまいます。難しい。

ただ、結局周りで活躍して待遇良い扱いを受けてる人、多くは「ずっと楽しくてやってきた」人たちな気がするんですよね。自分も、別に高給取りってわけではないですけど、昔遊んで覚えたことを活かして仕事してると、それなりに人の役に立てているみたいです。

だからこれからも遊び続けますし、それがいつかどこかで役に立つかもしれないなーと思って過ごしています。

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢