いまから『実践SeleniumWebDriver』を読むひとが注意したい点のまとめ

日本語で書かれたor日本語に翻訳されたSeleniumWebDriver関連の書籍はいくつかありますが、中には一部の内容が古くなってしまっているものがあります。

『実践SeleniumWebDriver』も、解説されている内容は有益であるものの、ツールのバージョンが上がったために内容が現在とずれている箇所があります。本書に限らず技術書の宿命であって、決して書籍として使えないとかそういう話ではありません。

このブログ経由でもちょこちょこ『実践SeleniumWebDriver』は売れているようなので、これから読む初学者の方にむけて「ここは現状と違っているから、こう読み替えるといいよ」という点をまとめておこうと思います。※随時更新中です

注意点

  • すべての差分を網羅できているわけではありませんのでご注意ください
    • 私自身細々調べながら書いてます
  • 本記事は2014年発売の初版第1刷をもとに書いています
  • おかしいところがあったら教えてください

はじめに

ページ ⅸ

  • EclipseとFirefoxのダウンロードリンクが古いので、最新を使用しましょう
  • Firebugは2017年にFirefox本体に取り込まれたので、別でインストールする必要がなくなりました

ページ ⅻ

  • SeleniumWebDriverのJavaバインディングのダウンロードリンクが古いバージョンなので、最新を使用しましょう
  • 本書が書かれた当時はFirefoxDriverを別で用意する必要はありませんでしたが、今はGeckoDriverが必要です。

4章 様々なWebDriver

ページ 67

ページ 83

付録A

ページ 230

  • JUnitが現状の最新が5系なので、以下変わっています
    • RuleアノテーションでなくExtendWith等で代用
      • ただし4系のアノテーションも使おうと思えば使えはする
    • Before等のテストメソッドのアノテーションが変更

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢