学習の10ステップシステム(プロセス)にチャレンジしてみる

色々あってPythonに触れておくほうがよさそうになってきたので、Pythonチョットデキルようになりたいな、と考えました。

ただ、これまでの自分を振り返ってみると、家でなにか学習するときの効率があまり良くなかったような気がしています。

そこで、SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルという本に書いてあった10ステップシステムに則って進めてみようと思います。

10ステップシステム(プロセス)

書籍の中で表記がゆれているので、カッコ書きにしてあります。

10ステップシステムは

  • ステップ1:全体像をつかむ
  • ステップ2:スコープを決める
  • ステップ3:成功の基準を決める
  • ステップ4:参考資料を見つける
  • ステップ5:学習プランを作る
  • ステップ6:リソースをフィルターにかける
  • ステップ7:使い始められるようにする方法を学ぶ
  • ステップ8:遊び回る
  • ステップ9:役に立つことができるところまで学ぶ
  • ステップ10:教える

からなり、筆者はこのシステムをつかって、GO言語を数週間で身につけることができた!と書いています。そして現在ではひとつの言語を数日で学ぶことができているとか。

自分の場合はそこまで急ぎはしませんが、効果的ということであればやってみたい。

自分のすすめ方

書籍の各ステップの説明を読みながら、各ステップでやったことや決めたことをブログに書き残しながら進めます。並行して100DaysOfCodeでRailsTutorialを頭からひたすら進めているので、もしRailsよりもPythonのほうがはやく「使える!わかってきた!」という実感が得られたなら、この10ステップシステムが自分には効果があった、と言えそうです。

(わたしはRubyもPythonもどちらもお仕事では使ったことがないので、ただの素人です。)

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします