MacのVisual Studio CodeでPythonを書く設定

PythonをMacにインストールしたので、Visual Studio CodeでPythonを書けるように設定しました。

前提

設定手順

1. Python用拡張機能をインストールする

VisualStudioにPython用の拡張機能をインストールします。

VSCode Python 1

Python、で検索するとMicrosoft製のものが候補に出てきます。これを選択します。

VSCode Python 2

説明が表示されるので、上部の「インストール」を選択。

2. PATH設定

Visual Studioのコマンドパレット(shift + command + P)に


Shell Command: Install 'code' command in PATH

と入力します。

VSCode Python 3

codeコマンドをインストールしましょう。

これを行うと、シェルからcodeコマンドでVSCodeを起動できるようになります。

3. 実行テスト

ここまで設定できたら、実際にVSCode上でPythonのコードを書いて動作確認をします。

hello.pyというファイルを作って、以下のコードを書きます。

msg = "Hello World"
print(msg)

書けたら、エディタ部分で右クリックし、「ターミナルでPythonファイルを実行」を選択。

VSCode Python 4

ターミナル部分に「Hello World」が表示されたら成功です。

参考

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします