現在のフォルダ以下の特定の名前を持つファイル名を削除するコマンド

仕事でたまに使うコマンドのメモ。

自動テストの画像エビデンスなど「念のため残しているけどテストがPassしていたら不要なファイル」を消すときに使ってます。

現在のフォルダ以下の特定の名前のファイルを全削除

del /S *_念のため残しているファイル.png

上記コマンドを実行すると

  • 201804130952_念のため残しているファイル.png
  • 201804130953_念のため残しているファイル.png
  • 201804141230_念のため残しているファイル.png

といったファイルを削除してくれます。*のところが任意の文字列にマッチします。

/Sオプションを付けているのでサブフォルダ内も再帰的に消してくれます。

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします