RaspbianのイメージをSDカードに書き込む(Mac)

raspberry piをかったので、まずはOSのRaspbianをインストールするため、SDカードへの書き込みを行いました。
微妙にハマりポイントがあったのでここに記します。

Macを使ってRaspbianをSDカードに書き込む

まず、Download Raspbian for Raspberry PiからRaspbianのイメージファイルをダウンロードしてきます。

Download Raspbian for Raspberry Pi

ダウンロードが終わったら、解凍してimgファイルを出しておきます。

次に、書き込む先のSDカードをMacに挿入し、ターミナルを起動します。
ここで

$ diskutil list

を実行。

Yoshikiito bash 120×40

SDカードのパスを調べておきます。ここでは/dev/disk3なので、どこかにメモしておきます。

次にSDカードをアンマウントします。今メモしたばかりのパスを使って、

$ diskutil unmountDisk /dev/disk3

です。

つづいて、解凍したimgのあるディレクトリに移動し、下のコマンドで書き込みます。

$ sudo dd bs=1m if=2017-11-29-raspbian-stretch.img of=/dev/disk3

ファイル名のところはダウンロードしたファイルによって異なるので適宜読み替えてください。

ここで上手く行けばOKですが、Operation not permittedと言われる場合もあります。

Operation not permitted と表示されたら

Macの権限について設定変更が必要です。

まず、Macを再起動します。このときCommand+Rキーを押しっぱなしにして、リカバリーモードに入ります。
次に、画面上のバーからターミナルを開き、以下コマンドを入力します。

$ csrutil status

ここでenabledになっていると、ddコマンドをしようしたときに上手くいきません。なので

$ scrutil disable
$ reboot

のコマンドで、設定変更&再起動を行いましょう。これでddコマンドが実行可能になっています。

参考

MacでOperation not permittedが出た時の対処法 – Qiita

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢