GitHubのアカウントを作成する手順

(テスト含め)ソフトウェアエンジニアであれば、Githubアカウントくらい持っていても損はないですよね。使い倒すかはともかくとして、連携できるサービスもありますし、サクッと作っておきましょう。

GitHubのアカウントを作成する

まずはGitHubにアクセスして、ユーザ名とメールアドレスを入力。
Sign up GitHubをクリックしましょう。

Signupgithub

次に、プランを選びます。
そもそもこの記事を読んでいる方にとって、有料プランは必要ないはずなので、無料のほうを選びましょう。
もちろんあとから有料で使うこともできます。
Ublimited public repositories for free.を選択した状態で、Continueをクリック。

Welcometogithub

次のStep3では、どのくらいの経験があるのか聞かれます。
タダで使わせてもらうので、アンケートだと思って正直に答えてあげましょう。

Submit

How would you describe your level of programming experiencce?

プログラミング経験がどのくらいか聞かれています。

  • Totally new to programming(ど素人)
  • Somewhat experienced(経験あり)
  • Very experienced(ベテラン)

から選びましょう。

What do you plan to use GitHub for?

GitHubをどう使うつもりかを聞かれています。

  • Development(開発)
  • School projects(学校の課題など)
  • Resarch(研究)
  • ProjectManagement(プロジェクト管理)
  • Design(デザイン)
  • Other(その他)

当てはまるものすべてを選択しましょう。

Which is closest to how you wpuld describe yourself?

一番近い立場を選べとのこと。

  • I’m a professional(プロです)
  • I’m a hobbyist(趣味でやってる人です)
  • I’m a student(学生です、手習いでやってます)
  • Other(その他)

What are you interested in?

何に興味があるか聞かれています。例として上がっているのが、androidとかrubyとか。
文章でなく単語レベルでOKなので、決まっている人がは書いてあげましょう。

書けたらSubmitをクリック。

アカウントが作られて、Startなんて書いてあるボタンが出てくるので、とりあえずクリックしましょう。
Your Actions

残念。実はまだ仮登録が済んだ段階です。

Please verify your email address

メールを送ったと書いてあるので、メールを確認しましょう。

Please verify your email address 2

このようにメールが届くので、メール本文中の

Verify email address

をクリックしましょう。

画面の上のほうに

Your email was verified.

と表示されました。これでアカウント作成が完了です。

Your email was verified

ABOUTこの記事をかいた人

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。 ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。 こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。 仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。 趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。 技術評論社から本を出すのが夢