AtCoderでプログラミング筋を鍛え始めようと思います

学生時代にはProjectEulerというオンラインジャッジでプログラミング遊びをしていました。

最近は仕事でコードを書くものの、なんとなく物足りなく感じてきたので、いっちょ競技プログラミングに手を出して鍛えてみようと思います。

選んだのはAtCoder

AtCoder

AtCoderとは、オンラインで参加できるプログラミングコンテストのサイトです。

とあるように、決められたコンテスト時間中に問題を解いてプログラムを提出。
正しく書けていればパスして得点がもらえる。という仕組みです。

問題を解いていると、「こんな処理がしたいけどどう書くんだっけ/標準のライブラリで使えるのあったっけ」など、かならず何かしら調べて解決するシチュエーションが出てきます。

もちろん仕事で書いていてもそうなのですが、競技プログラミングの問題のほうが的が絞られているせいか、調べやすい&「なるほど!」感が強い印象です。(ここは完全に個人の感想)

まずは過去問から

AtCoderは土曜日の夜にコンテストが開催されるのですが、毎週何かしらあって参加出来るかどうかが微妙なときが多く・・・。
なのでまずは過去問を解くところからやっていこうと思います。

BeginnerくらいであればProjectEulerよりも簡単な問題が多いので、「どう解くか」はぱっと頭に浮かんできます。ただ、その先の「どう書くか」が難しい・・・特に、Seleniumの自動テストしか書いていないJavaで解こうとすると中々難しい。もしかしたら勉強中のRubyに変更するかも。

ということで、ある言語の学び始めや、プログラミングやってみたいけど何かソフトを作るって感じでもないなぁという人には競技プログラミングなんか良いのではないでしょうか。一緒にやりましょー

この記事を書いた人

yoshikiito

都内でテストエンジニア&ブロガーをやっている@yoshikiitoです。

ソフトウェアエンジニアの学習方法や成長するための考え方、会社に依存せず自分の力で生きていけるエンジニアになる方法などについて興味があります。
こういった方法や考え方、自分が試したことなどをブログを通じて発信します。

仕事は主にソフトウェアテストやテスト自動化。
趣味は浦和レッズと読書と技術書を買って積むこと。

技術評論社から本を出すのが夢

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします