2018年、ゲームやブログなどなど #わたしのサブスク を公開

トバログさんの音楽に雑誌にクラウドに。年末なので「#わたしのサブスク」を洗い出してみたら月数万円払っていた話の記事を見て、わたしも自分が今年契約した(していた)サブスクリプションサービスを棚卸ししてみよう!と思いました。

サブスクリプションとはビジネスモデルの一種で、顧客がサービスや商品の利用期間に応じて料金を支払う方式を指します。従来は顧客に商品やサービスを売り切り型で販売し、所有してもらうプロダクト販売型のビジネスモデルが一般的でした。しかし、クラウドコンピューティングの進化に伴い、ソフトウェアを所有せずに利用するサブスクリプション型のビジネスが普及してきました。AdobeのCreative Cloud、MicrosoftのOffice365などは、その代表といえるでしょう。複数あるプランの中から、自分の目的や利用方法にあったものを選択し、利用料を支払うことで継続して使用することができます。

サブスクリプションとは?ビジネスモデル、成功させるためのポイントを解説 | 株式会社Emotion Tech(エモーションテック)より

確認してみると、結構いろんなものを契約していました。

エンタメ・ライフ系

契約中

  • Amazonプライム(3900円/年)
  • FinalFantasyⅩⅣ(1598+216円/月)
  • Amazon Music Unlimited(780円/月)
  • DAZN for docomo(980円/月)

Amazonプライムは、うっかり無料体験が終わってからも継続してたら「なんだかんだ便利じゃん、動画も見られるし」と思って継続しています。結果、Huluを解約してプライム・ビデオを楽しむことにしました。FF14はもう1年以上ずっと遊んでいますね。AmazonMusicUnlimitedは、プライムで聞ける曲よりも範囲が広くなるので、AmazonEchoを買ったタイミングでAppleMusicから乗り換えました。

DAZNはJリーグを見るために契約しています。普通にDAZN契約するよりも、ドコモ経由だと少し安くなります。Jの試合が見られるのはいいのですが、もっと品質向上してほしいところ・・・。試合中に止ることが頻繁にあるので。

解約済

  • PlayStationPlus(476円/月)
  • KindleUnlimited(980円/月)
  • hulu(933円/月)
  • AppleMusic(980円/月)

huluとAppleMusicはアマゾン系のサービスを契約したときに解約しました。

KindleUnlimitedは、正直ラインナップが残念なので、あっさり解約。

PlayStationPlusは、プレステのゲームでオンライン対戦などをするのに必要なもので、一時期スターウォーズのゲームにどっぷりはまっていたときに契約していました。ことしはずっとFF14しかしておらず、FF14ではこのPlayStationPlusは必要無いので、解約。

知的生活系

契約中

  • Bookly(2200円/年)
  • Evernote(600円/月)

Evernoteは実際にはモレスキンについてくるチケットを使ったり、2年パックを買ったりなど色々なので、実質もう少し安く使っているはず、です。が、もうそろそろEvernoteがただの物置きになっているので、解約してもいいのでは・・・という気がしています。2019年は脱Evernoteを模索するかもしれません。

Bookly – Your reading assistantは、『知的生活の設計』という本で見つけて即アプリをダウンロード。かなり快適だったのでその日のうちに課金してしまいました。よく筋トレの開始と終了をアプリで記録して、週にどのくらいやったとか何日間継続しているとかがグラフィカルに見られるアプリがありますが、その読書版です。

読書を開始するときにスタートボタンを押して、終わったらストップボタンを押し「ここまで読んだ」を入力する。基本はこれだけです。書籍ごとの時間を記録することができ、自分の読書ペースや「今年何冊読んだか」などもぱっと見でわかるようになっています。

解約済

結城メルマガをいっとき契約していて、楽しく読んでいました。解約した今でも、このメルマガは価値あるものだと思っているのですが、単純に自分が読んで思考してアウトプットするだけの時間を確保できず、何週間分もためてしまっていました。

メルマガというスタイルが自分に合っていなかった?のかもしれません。

内容でなく、こちらの問題で活かしきれていなかったので解約。。。

ブログ系

契約中

  • ドメイン(1598円×3/年)
  • レンタルサーバー(1080円/月)
  • Snow Monkey – Snow Monkey(WordPressのテーマ)(16200円/年)
  • ギガ盛りブログ飯(オンラインサロン)(4320円/月)

ブログ関連では、レンタルサーバー代とドメイン代が主で、その他に今年はSnowMonkeyというWordpressテーマを購入しました。無料テーマも沢山あったり、買い切りで数千円のテーマもある中で年に16200円は正直高っ!と思いますが、良いものなので投資・・・。2019年はテーマ代を余裕で回収できるくらいにブログ書きをがんばっていこう、という気持ちです。

またオンラインサロンの「ギガ盛りブログ飯」。こちらも、2017年に比べて全然参加できていないので、2019年はまたセミナー参加や書評記事執筆などブロガー活動割合を増やしたいところです。

解約済

  • はてなブログPro(14400円/2年)
  • ドメイン(1598円/年)

もうはてなブログは書いていないので、解約。使っていたドメインひとつも更新を切ってます。

開発系

契約中

  • RubyMine(4536円/年)

Rubyやるぞーと思ってセール時にRubyMine買ったはいいのですが、いまはPythonをやっているという・・・

まとめ

この記事を書きながら「そういえばあれもだ!」と思い出すものが多く、じつはかなりサブスク型のサービスを使っているのがわかりました。実際リストアップしてみると「実はいらないのでは・・・」というものもあったり、逆に来年は増えそうなところもあったりしますね。見直し大事。

この記事を書いた人

yoshikiito.el

普段はQAエンジニアをやっている@yoshikiitoです。 趣味はブログを書くこと、浦和レッズ、読書、技術書を買って積むこと、写真などなど。
最近子供が生まれたので育休→復帰して仕事してます。