革の手帳に憧れて、トラベラーズノートデビューしました

2017年は「ジブン手帳」という手帳を使っていたのですが、自分の使い方や単純な相性問題から、2018年は違う手帳を使おうと思い、色々と情報を集めていました。
その中で、数年前から名前は知っていたものの実際に手にはとらなかった「トラベラーズノート」という手帳にビビっと来て、使うことにしました。

トラベラーズノートを選んだ理由

自分で必要なリフィルを選ぶことができる

ほぼ日手帳やジブン手帳と異なる点として、トラベラーズノートは「リフィルを自分で選ぶことができる」点があります。正確には違いますが、システム手帳みたいなイメージです。

私は『手帳という武器をカバンにしのばせよう』という本を参考にしていて、

  • 月間
  • 週間バーチカル

の2つが欲しい。そのため、中身が自由に入れ替えられて、上記2つを含むことができるトラベラーズノートはピッタリ。

革がカッコイイ

単純ですが、コレは大きいです。
ズボラな自分にとって、毎日開いて書き込みをしたくなるかどうかという点はとても重要。

余計な情報が少ない

他の手帳の中には「このページ要る?」という内容が多く・・・。暦とか単位とか、ガントチャート的に使えるページとか。
じぶんはワガママなので「必要ないページは入れないでほしい」というのが正直な気持ちでした。不要なページがなければ厚みも重量も減りますし。
その点、トラベラーズノートはそうした「余計なページ」が少ないように思います。

マンスリーの後ろに世界地図があったくらいで、目立った不要ページはありませんでした。ナイス。

東京駅限定のトラベラーズノート 開封と外観

まずはパッケージ。紙の包に入っていてとてもオシャレ。

トラベラーズノート

今回は中身のリフィルを3種類買ってきました。

  • マンスリー
  • ウィークリーバーチカル
  • 方眼

リフィル

トラベラーズノートは、標準で挟めるのはリフィル1冊。2冊以上挟むにはバンドが必要です。おそらくほとんどの方は2冊以上挟むと思うので、バンドはとにかく買っておきましょう。

バンド

リフィル3冊を挟みました。
順番を来にしながらゴムで挟むだけなので何も難しいことはありません。ゴムバンドにはさみ方マニュアルもついてくるので安心。

リフィル3冊

完成

トラベラーズノート 5

できました。あたらしい革のにおいがします。開けた時点で若干スレた跡があったのですが、これは仕方ないというか。
さすがに新雪が積もったところに足跡をつけるようにはいきませんが、それでも自分の手で使い込んでいく喜びは十分に味わえることでしょう。

トラベラーズノート 6

3冊だと、厚みはこのくらい。リフィルがはみ出すこともなく、ちょうど良い厚みです。たぶん4冊以上もはさめるのですが、書きにくくなってしまうはず。私はまずは3冊までにしておこうかと。

トラベラーズノート 3

TOKYO STATIONの文字が良い。金色箔押しです。

初めてのトラベラーズノート、大事に使います。

インスタとか見ていると、トラベラーズノートを2冊3冊と使っている人もいるようです。自分もノーマルサイズを買ったとたんに「パスポートサイズも欲しいかも」なんて思ってしまっていますが、そこはぐっとこらえて。まずはこのノートと一緒に過ごして、革の変化や「書くこと」自体を楽しんでいこうと思っています。

今回の購入物

↑貼っといてなんですが、ネット転売のプレミア価格などではなく、東京駅で購入しましょうね。
↓こちらはAmazonや楽天で全然OK!