旅に連れていく本を選ぶ楽しみ

基本的に出不精なのですが、妻が旅行が好きなのでよく一緒に行きます。

旅行といえば長時間の移動が発生するので、少しでも楽しく過ごせるように、本を連れていくことが多いです。

行く先や移動時間に合わせて本を選んでいる時間もまた楽しい。今回は村上春樹の『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』の上巻(と、レビューがたまってる本)をチョイス。

遠くに行くという非日常と、物語の中に入っていく非日常。とても相性がいい気がします。旅先で買ったり読んだりした本はつよく覚えています。