SONY α7Ⅱ ズームレンズキットを購入しました

突然カメラ欲が高まったので、α7Ⅱを購入してしまいました。

もともとはNIKONのD3100を使っていて、しかも使い倒したと言うには程遠い割に、フルサイズに手を出すという・・・。周りのカメラ好きから怒られるんじゃないかとすら思いましたが、みんな優しいことに「いまから練習すればいいのさ」という温かい言葉をかけてもらいました。

というわけで、ざっくり開封の儀と、まずは持ってみての雑感・ファーストインプレッションを。

開封しつつ雑感

Α7Ⅱ 1

レンズキットなので大きめの外箱です。

Α7Ⅱ 2

開けるとまずマニュアル類が出てきました。

Α7Ⅱ 3
ここからが本番。
下にはレンズ、本体、ストラップ、充電用のアダプタとケーブル(ストラップの下に入っている)がありました。
α7Ⅱを買う前にネットで色々調べてみたら、バッテリーを充電するACアダプタは別売りらしく。買おうかどうか迷ったのですが、USBケーブルを本体直挿しで充電できるらしいので、一旦見送りました。

Α7Ⅱ 4

こちらがキットレンズ。
最初はボディだけ買ってあとは持ってるNIKONのレンズをアダプター付けて使おうかと思っていたのですが、持ってるレンズはAPC-C用でしたよく考えたら。
せっかくフルサイズを買うのにAPS-Cモードで撮るのもなぁと思い、レンズキットを選びました。
いや、たぶんAPS-Cモードで撮っても画質の違いとか分からないと思うし、いずれ手持ちのNIKONのレンズを使うのかもしれないですけど、せっかくならフルサイズで撮れるレンズがあってもいいかなと。

Α7Ⅱ 5
で、こちらが本体です。こうやって見ると小さく感じます。
もちろんフルサイズにしては圧倒的軽さ&小ささだとは思うのですが、ニコンのエントリー機からいきなりα7Ⅱにした自分にとっては、ボディのサイズって実はそれほど違いが無いんですよね実は。
ところが、持ってみると思いのほか手に馴染む。馴染むおかげで、なんだか軽くコンパクトな錯覚を覚えます。
実際にはD3100のほうが軽いはずなんですが・・・やっぱり形って大事なんですね。

Α7Ⅱ 6
レンズと並べてみました。

Α7Ⅱ 7
レンズを付けた状態。かなりコンパクト。

Α7Ⅱ 9
上から見た図。
やはり、キヤノンやニコンの一眼レフと比べるとだいぶスリムな印象。
正直こちらのほうが好みです。

せっかく買ったカメラ、まずは1万ショット

手にした感じ、「あ、これ良い」というワクワクする気持ちになってきました。
去年末くらいから写真好きな人達の話を聞いてなんとなく自分の中での写真機運が高まって来ていたところで、思い切って購入。
これから暖かくなるので、外に出かけるときには新しい相棒のα7Ⅱを連れて出かけようと思います。

で、撮った写真(と上達の過程)をこのブログに残していけたら。