30-Day-Challenge-1_pdf.jpg

お疲れ様です。@yoshikiitoです。

チャレンジ3日目「LISTEN TO A TESTING PODCAST」です。

この企画は、#30daysoftestingというチャレンジです。

元記事はこちら。

ソフトウェアテストに関するポッドキャストを聴く

Day3はソフトウェアテストに関するポッドキャストを聴く、ですね。

まず日本語で、「ソフトウェアテスト ポッドキャスト」で検索。

・・・良さそうなのがない。ポッドキャスト自体10年くらい前ですからね流行ったの。

でも元記事でPODCASTって言っているので、英語圏ではそれなりに多いのでは?と思い、今度は「SOFTWARE TEST PODCAST」で検索。

日本語よりは沢山結果が出てきたので、試しにtesttalksというのを聴いてみました。

今の自分では英語がっつり聴くのムリでした。話すのが速かったり知らない内容だったりするとお手上げです。

これで頓挫するのはおかしい話なので、何か代替策を、と考えて思いついたのが、YouTubeです。

ポッドキャスト聴くかわりに動画を見ました

もうテストの勉強になればそれでOKでしょう、ということで、YouTubeで動画を見ることにしました。

幸い、「ソフトウェアテスト」で検索するとそれなりに結果が出てくるので、動画には困りません。

今回は「SE Cafe Presents 01 「実践アジャイルテスト」トークショー」を視聴しました。

結論から言うと、無理して英語のポッドキャスト聴くよりはずっと勉強になったかと思います。

(もちろん英語は別でやるとして)

内容についてざっと触れると、

  • testでなくtesting
  • テスター・プログラマ・ビジネス、遠くでなく近くでコミュニケーションとりながらやる
  • 設計段階で「それ、テストできんの?」と声を上げることが大事
  • テストのセンスと設計のセンスって同じでは?
  • フィードバックを得ることが仕事
  • バグを見つけることだけでなく、予防する
  • 未来のテスターに必要な要素
    • 好奇心
    • よく勉強する
    • 高い給料をもらう
    • プログラマと同じような観点でテストする
  • 今までのマインドセットから変える
  • Show Me!

です。

見てない方はなんのこっちゃだと思いますが、『アジャイルサムライ』とか『実践アジャイルテスト』を読んだ方であればプラスで色々と得るもののあるトークショーでしたので、視聴をオススメします。

この動画を含んだソフトウェアテスト関連の再生リスト作ったので、よろしければどうぞ。

内容はいずれ拡充します。

それではDay3これにて終了。明日はDay4の「SHARE A STESTING BLOG POST WITH A NON-TESTER」です。

実践アジャイルテスト テスターとアジャイルチームのための実践ガイド (IT Architects' Archiveソフトウェア開発の実践)